Archive for 11月, 2019

11月
12

昭和通り沿い1階店舗物件

posted by 福岡支店熱血営業マン:中村 拓也

福岡支店の中村です。

今回も物件紹介させて頂きます。

下記になります。

dsdwer34343.jpg

昭和通り沿いの1階店舗物件の募集となります。

入居は来年4月~可能となっております。

24時間営業OKで御座います。

スケルトン渡しになり、業種も相談可能となっておりますので

お問い合わせの程お待ちしております。

タグ:none
11月
11

改正民法が施行されます!

posted by 熱血アシスタント:田中 里美

最近、船釣りを再スタートさせた田中です。
新しい竿を電動リールを眺めてはニヤついています。

さて、来年4月より改正された民法が施行されますね。

当社の協力会社であるジェイリースさんの
法務セミナーに参加し、その改正民法により
不動産賃貸業に与える影響について、
弁護士先生から実務的にためになるお話を伺ってきました。

 不動産賃貸業に影響のある変更が
いくつかあることがわかりましたので、
施行に間に合うよう、当社の契約書類ひな型の見直しや
お客様への説明なども変更していきます。

改定内容は、あいまいだったところが明文化されたり、
保証人さんが負う保証の範囲を確定するなど
思っていた以上にしっかりした内容になり、わかりやすくなったと感じました。

是非、オーナー様や借主様、連帯保証人となる方にも
分かりやすく説明できるよう、まずは自分が深く追求して理解していきます。

タグ:none
11月
8

一世を風び

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

朝の通勤時、電車の中でスマホでネットニュースを見ているサラリーマンも多くいますが、

スマホでの閲覧はほとんど流し読み。

じっくり熟読する方は少ないと言われています。

そこで読みやすいように、難しい漢字は使用しないという傾向になってきています。

例えば、「若干」を「じゃっかん」。

視覚的に見やすいように、「下さい」を「ください」。

ざーっと流し読みするにはいいのですが、時々変な漢字かな交じり文に出くわすことも。

ふと目に留まったのが、

「一世を風び」という文字。

一瞬、ん?となってしまいました。

ひらがなで書かれたことによって違和感を覚えてしまいます。

「一世を風靡」と書かれると、たとえ「靡」という漢字を書けなくても読めるし、意味はわかります。

最近、ネットを見ているとこんな至らぬ気遣いの文章をよく見かけます。

私たちの世代は書くことを中心に教育されていたので

例えば「薔薇」と言えば、書けなくても読むことはできます。

しかし、若い世代の子たちはどうでしょうか。

読める漢字が少ないのでふりがなをうって読みやすいようにするというのはまだましで、

そもそも最初からひらがなで書かれていると、いつまで経っても漢字が読めるようにはならない。

このような環境のままだと、

日本人の語彙力の低下が問題になってくるのでは?と危機感を覚えます。

かく言う私も、日常生活においてペンを持って文字を書くことが激減していることから、

いざ書こうとすると書けない漢字もちらほら。

例えば「挨拶」とかね。

これはまずい。

老化防止のためにときどきペンを持ってみることも大切です。

ではよい週末をお過ごしくださいませ。

have a nice weekend!

タグ:none
11月
5

大正通沿い事務所物件

posted by 福岡支店熱血営業マン:中村 拓也

福岡支店の中村です。

今回も物件紹介させて頂きます。

下記になります。

fwe434343.jpg

大正通沿いのオフィス物件になります。

OAフロア対応で区画も大通り側の為

採光も御座います。

赤坂駅からも徒歩5分圏内になり、

立地も良好で御座います。

お問い合わせの程

お待ちしております。

タグ:none
11月
1

私にペンを売ってください

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

マーケティングについて考えたときに、

どうやってモノを売るか?ということがとても大切になってきます。

そこで問題です。

.

ここに何の変哲もない1本のペンがあります。

0ef606fbbddeb1048dd0595c1f10de32_s.jpg

このペンを私に売ってみてください。

正解はひとつではありません。

あなたならどうやって普通のペンを売るのか

じっくり考えてみてください。

ペン自体は普通のペンです。

それでは解答です。

正解は、ひとつではありませんが、

ポイントとしては

「必要性を作り出させるか?」

です。

通常、何かモノを売ろうしたときに、

いかに素晴らしいペンであるか説明することに奔走してしまいがちですが、

それではなかなか売れません。

「ここにあなたの名前を書いてください」

「わかりました。ちょっとそのペンを貸してください」

「いいですよ。ただし、有料です。」

.

ペンを使う必要性を作り出した一面です。

.

ドリルが欲しい人は、ドリル自体が欲しいわけではなく、

穴をあけたいからドリルが必要なのです。

必要性を考えることは、セールスにおいて重要な視点ですね。

では、よい週末をお過ごしくださいませ。

have a nice weekend!

タグ:none