Archive for 11月, 2017

11月
24

心のケア

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

すっかり夜になるのが早くなってきましたね。

帰宅する頃には真っ暗でなんだか寂しい気分になります。

そんな中、心がほっこりとなったお話。

先日久しぶりに高校の友人たちと会いました。積もる話も多く、会話は尽きない。

福岡に住んでいる私たちにとって朝倉の豪雨と熊本の震災はまだまだ記憶に新しく

多少なりとも影響がある友人もおりました。

旦那さんのご実家が熊本の阿蘇という友人の話。

ご両親の住むご実家は、残念ながら家が半壊してしまい、

所有していた納屋も全壊してしまったらしい。

何とか命は取り留めたものの、地震当日旦那さんの弟夫婦が実家に来てなかったら

どうなっていたかわからない恐怖を味わったようです。

老夫婦の寝ていたベッドの上にタンスが倒れ、

ベッドボードの上に引っかかって間一髪だったようで、

それでも寝ぼけていたお父さんを必死で起こし非難させた弟さん。

話を聞くだけでとさぞかし怖かっただろう…と想像できます。

復興も芳しくなく、救援物資がふんだんに届いて腐らせているところもあれば、

全然届かないところもあり、自治体が全部を把握できていない有様。

そんな折、老夫婦のもとに自衛隊がやってきて、壊れた納屋を目の前に

「何かお困りのこと、心配ごとはありませんか?」と一人の隊員が聞いてきたそう。

老婦人は、呟くようにして「特に大丈夫です。ただ、納屋に置いていた梅干しが…」

とポツリと話しました。

隊員は「納屋のどこですか?」と尋ね、ザックリ聞くと、サーっと納屋に入り込み、

暫くして梅干しの壺を抱えて

「お探しの梅干しはこれですか?」と老婦人に渡したそうな。

老婦人も梅干しを取ってきてほしいと願ったわけでも、頼んだわけでもなく

ポツリと呟いただけなのに…。

それを聞いたとき、心が温かくなりました。

きっとこの老夫婦は、精神的にも辛い日々を過ごしているだろう。

そんなときこんな風に誰かが自分のために一生懸命になってくれたら

それだけで救われる気がしますね。

たかが梅干しと思わず、必死で壊れた納屋に入り取ってきてくれた隊員さん。

とっても立派です。誇らしくもあります。

私もこんな風に人に寄り添える人になりたい。

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none
11月
22

博多駅前大型オフィス

posted by 熱血営業マン:小西 智也

福岡支店の小西です、お世話になっております。

本日は博多駅前の大型オフィスを御紹介致します。

外観です。

44.jpg

エントランスです。

4416.jpg

全面改修済みで非常に上品な空間に仕上がっております。

現在空き予定ですが約40坪の区画をご紹介できます。

来年度に向けて充実したオフィス環境をぜひご検討下さい!

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none
11月
21

博多駅徒歩圏内物件になります。

posted by 福岡支店熱血営業マン:中村 拓也

福岡支店の中村です。

今回も物件紹介させて頂きます。

下記になります。

hakrarao23232.jpg

43坪即入居可物件になります。

博多駅から約5分と好立地で御座います。

エントランスは下記になります。

dedre423243.jpg

エレベータも3基あり充実しております。

下記が共用部です。

fererwee343.jpg

トイレ・給湯室も日々清掃が入っており

綺麗に保たれております。

駐車場も確保する事が可能で御座います。

お問い合わせの程お待ちしております。

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none
11月
20

海外ブランドカーペット!!

posted by 移転ならおまかせを!:服部 航洋

皆様、こんにちは。

営業の服部です。

季節はあっという間に肌寒くなり

ハロウィンが終わったと思えば

街ではクリスマス用のデコレーションや商品が売られてたり・・・。

今年ももう1ヶ月と少しですね。

ありがたいことに年末にかけて

我々オフィスの内装業も少し慌しくなってきます。

年末に工事をして

新年には新たなオフィスで仕事始めを迎えられたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、ギリギリ年末までに間に合う

最近のお仕事の事例、ご紹介します。

インターフェイスという世界トップシェアを誇る

カーペットメーカーの製品を輸入して

施工させて頂きました!!

12.jpg

青がコーポレートカラーの会社様ということで

アトランティックという海をイメージしたデザインの

カーペットを選定し、間仕切り壁はカーペットの青が映えるように

あえて白のクロスを貼りました。

こちらのインターフェイス社のカーペットですが

製品にもよりますが

海外で受注生産し船便で送られてくるため

納期が普通の国内メーカー様の商品よりややかかります。

今ならギリギリ年末までに間に合うのでは?ということで

ご紹介させて頂きました。

カーペットを貼るだけでもオフィスの雰囲気はガラッと変わります。

年末まであと少し!

事務所を良くして新年を迎えられたい方

是非、御問い合わせ下さい!

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none
11月
17

ボジョレー・ヌーボー解禁!

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

2017年のボージョレー・ヌーボーの解禁日は11月16日。

毎年11月の第3木曜日が解禁日です。

そして今年は息子の誕生日ドンピシャリ。

19年前、息子の出産が近づいたころ、

街はボージョレ・ヌーボーの解禁で盛り上がっておりました。

息子が生れた2日後に解禁日を迎え、

ボージョレー・ヌーボーを買って、

息子が20歳の誕生日にそれをあけ一緒に酒を酌み交わそうではないか…と

楽しみにしていたところ、

ワイン通の方から、

「ボージョレーは若飲みのできる特殊製法でつくられているため、鮮度がすべて。

せいぜい、翌年の3月頃までには消費しないとだめだよ。20年なんてもってのほか」

とご指摘を頂き、私の夢はあえなく崩れ去ってしまったのでありました。

ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)は、

フランスのブルゴーニュ地方の南に位置するボージョレー地区で獲れた

新しい(Nouveau)お酒と言う意味。

解禁日が設けらた背景には、深い理由がありました。

収穫されるぶどうはガメイ種と言われるもので、

その味はフルーティーで柔らかいAOCワイン。

ACOと言うのはアペラシオン・ドリージ-ヌ・コントロレの略で、

原産地統制名称のこと。

この認証を与えられたワインのみが

ボージョレ・ヌーボーと言うことができます。

もともとは12月15日が解禁日だったようですが、

1951年以降、ワインの作り手や業者がもっと早くワインを出荷したいと申し出、

フランス政府は一部のワインの出荷を認めました。

それにより業者が1日でも早くとごぞって販売するようになり、

競争が激しくなり、品薄となり、遂には熟成を待たずして販売するようになってしまいました。

そうなれば品質も悪化してしまいます。

それを危惧したフランス政府は1967年11月15日を解禁日と設け、

それ以前に販売するのも消費者が飲むことも一切できなくなったのです。

11月15日が休日の年もあり、1985年に11月の第3木曜日が解禁日と決まったのです。

と言うわけでボジョレー・ヌーヴォーには解禁日があるのでした。

今年はボージョレ・ヌーボーを買って息子の誕生日に堪能。

ただしお酒は20歳から。

お子ちゃまはケーキで大人はワインと高級チョコでボージョレ―のお祝いです。

2017-11-16-202209.jpg

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none