カテゴリー: ‘その他’ の投稿記事

4月
10

感染予防のひとつとしてハンドドライヤーは使わない

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

緊急事態宣言発令が発令され、我が街福岡県も対象地域となっており、

翌日には大型商業施設など各店舗で当面の間の休業宣言。

博多の街並みはひっそりとしています。

.

それぞれがコロナウイルス感染拡大を防ぐ3密(密閉・密室・密接)を守り、

一日も早い収束を目指したいものです。

.

巷ではインフルエンザのほうが死亡率が高いなどと言われていますが、

自分が罹患し重症化しない確信はないわけで、

ましてや高齢者に感染させてしまうリスクは計り知れないものがあります。

.

それぞれが感染しない予防を徹底的に行うべきです。

.

それにはまず手洗い。

石鹸(種類はなんでもいい)を手につけ最低20秒間手の隅々にまで石鹸を行き渡らせ

洗います。

そしてそのあと、公共施設などのトイレにあるハンドドライヤーは使わないこと。

実はハンドドライヤーは細菌の温床となっている可能性が非常に高いです。

きっちり石鹸で手洗いしたあとの手をハンドドライヤーで乾かすならいいですが、

中にはチャチャっと水で濡らしただけの手をハンドドライヤーで乾かす方もおられます。

もしウイルスが付着した手だった場合、ウイルスはハンドドライヤーに飛び散ります。

飛び散った菌は空気中に15秒間以上とどまるうえに、5分経過しても48%、15分悔過してもまだ菌は残っているという報告があります。

そのハンドドライヤーを次の人が使うと…

菌が手に付着するばかりか、風向きによっては顔にかかってしまったり、吸いこんでしまう可能性もあります。

重複しますが、前の方がきちんとした手洗いをして使用したものを使えば問題なしですが、それは確かめようもないですね。

この時期、少しでもリスクがあるなら使わないほうが無難なような気がします。

飛沫感染を防ぎ、移さない、移らないように心がけましょう。どうか皆さまが無事に乗り越えられますように。

have a nice weekend!

タグ:none
4月
7

キャナルシティ博多近く店舗物件

posted by 福岡支店熱血営業マン:中村 拓也

福岡支店の中村です。

今回も物件紹介させて頂きます。

下記になります。

wdweewe42342.jpg

今年5月末竣工予定の店舗物件になります。

重飲食相談可能な物件です。

キャナルシティ博多近くという事で視認性も御座います。

1階は16坪 程で2階以降は23坪程の1フロアタイプの事務所になります。

新規開業のお客様も相談可能な物件となっておりますので

お問い合わせの程お待ちしております。

タグ:none
4月
6

こんな時だからこそ、、、

posted by 熱血営業マン:川尻 周二

毎日テレビでは、コロナ関連の話題ばかり。
正しい情報を得ることはとても大切なことですが、
コロナ鬱という言葉が出だしたように、
この状況にうんざりしている人も少なくはないと思います。

世界で見ると罹患者が約120万人に達し、
日本各地でもどんどん広がりを見せています。
数ヶ月前までとは違って、身近な問題だという意識が
大きくなってきていると思います。

私も手洗い・うがいにマスクはもちろんのこと、
外出時は除菌グッズを持参したり、
できるだけ人混みは避けたりと
より気を付けるようになりました。

政府から自粛要請が出たから自粛する!と
なると、責任を転嫁することになり、
どうしても不満が出てくるものです。

自分の身を自分で守る!
それが周りの大切な人を守ることにつながる!
という意識で、個人ができることをする!
これが大切だと思っています。

とは言うものの、
この現状がいつまで続くか分からないというものは
正直不安です。

ですが、この状況を少しでも明るく過ごそうと、
我が家では、家事ハリキリキャンペーンと題しまして、
いつもはなかなかせずにいることを取り組んでおります。

昨日は換気扇、網戸、草抜き、外壁、ガレージと、
普段気にはなっていたものの、
つい後回しにしていた所をガッツリ掃除しました。
半日以上かかり、疲れはしましたが、
達成感と綺麗になることで
気分はすっきりしました。

いつもはクリーニングに出すワイシャツも
自分でアイロン。

ペットの犬が噛みちぎった猫と豚のぬいぐるみを
縫って息を吹き返しました。

家事って終わりがないとはよく言いますが、
本当にその通りだと思います。
やりだすと、あれもこれもと
夢中になり楽しくなってきました。

そして食事。
我が家の暗黙のルールに、
休日の晩飯は料理しない!
というものがあるのですが、
今は外食は我慢。。。

そこで、少しでも外食気分を感じるために
料理のレパートリーを
前菜
メイン
汁物(スープ)
デザート
をジャンル分けて、それっぽくレイアウトし、メニュー表を作成。

オーダーする際に
手間がかかって面倒なものは売り切れと言われて断られますが、
そんなやりとりすらほのぼのとします。

この年になって、ごっこ遊びをするとは
思いもしませんでしたが、楽しもうとすることの大切さに
気付かされました。

どんな時にでも
心に余裕をもつこと
前向きに考えることって大事だなと感じました。

大変な思いをしている人も
たくさんいるとは思いますが、
こんな時だからこそ
笑顔を忘れずにいたいですね。
私も心掛けていきたいです。

タグ:none
4月
3

ナッジ理論を展開したコストコの勝算とは

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

最近、大好きなCostco(コストコ)で、試食がなくなり寂しい…と感じています。コロナ対策の一環ということです。

2017-02-25-153259.jpg

さて、コストコと言えば、ナッジ理論を上手く利用し、顧客に大量買いをさせることに成功した倉庫型小売業。

ナッジ理論とは、背中を押したり、肘で軽くつつくという意味合いで、小さなきっかけを与えて、人々の行動を変える戦略のことを言います。

と言ってもピンとこないので例を挙げると…

●放置自転車に困っているビルの駐輪場に「ここは自転車捨て場です。ご自由にお持ちください。」という貼り紙を貼ったところ放置自転車の数が激減。

●公衆男子トイレで便器の中に1匹のハエを描いたところ、トイレの床を汚す人が激減。

人は的があるとそこに狙いを定める心理があり、それを上手くついた手法。

●レストランで「店長のおすすめ」や「期間限定」とメニューに明記。

人は選択しないという特性があり、選択肢を与えることによっておすすめならこれでいいかと考える負荷が減って行動が促される。

つまりナッジ理論とは、選択肢を制限せずに、人の行動を促す(誘導する)方法です。

で、話を戻してコストコがどうして成功しているかと言えば、随所にナッジ理論を展開した戦略を立てた販売方法をしているから。

例えばコストコは年会費が必要。しかも安い会費ではなく、まあまあ考える金額。その会費を払ったのだから元を取ろうという心理が働きます。これをサンクコスト効果と言います。

そしてアンカリング効果。最初にインプットされた情報に引きずられ、そのあとの判断に影響を与えるという心理をついた戦略。

コストコ会員ならお分かりだと思いますが、コストコでは入口付近に家電製品やブランド品などの高価なものが展示されています。最初にそれを見てしまうとそのあとにみる商品が安く見えてしまい、つい買ってしまうという心理。

そしてコストコと言えば楽しみなのが試食。多くの試食をすることができ、具体的な料理のイメージが高まって自宅でも作りたくなり、ついカートに入れてしまうという、ほんと上手い商売法を展開しています。

かく言う私も、それにまんまと乗せられているコストコユーザーの一人ですが…。

そんなナッジ理論、家庭や職場でも取り入れることができそうです。

さてさて、そうは言うものの不要不急の外出は避け、家でおとなしくしておくことが大切。しばらくはショッピングも自粛です。皆さまもくれぐれもご自愛ください。

どうか皆さまが無事に過ごせますように。

have a nice weekend!

タグ:none
4月
2

大事なことは「平常心」

posted by 熱血ドライバー:中野 克彦

志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎のため逝去されました。罹患・入院の報道からのあまりの早さに動揺する声がメディアやインターネット上に広がっています。

この動揺は、現時点でまだ未知の部分が非常に大きいコロナウイルスの危険性だけでなく、志村けんさんというキャラクターの突然の消失を、私たちがうまく受け止められないことに起因している部分が大きいのではないでしょうか。謹んでお悔やみ申し上げます。

 

さて私事ですが、高校教員の息子が約2年間のJICA(海外協力隊)での活動を終えて中央アジアのキルギス共和国から帰国しました。

外務省が「感染症危険情報」を「レベル3」に引き上げ、米国やEU諸国からの入国を軒並み制限する直前の3月20日のことでした。

成田空港の検疫官からは、案の定2週間の行動制限の要請がでましたが、幸いにも対象国から外れており公共交通機関の利用が許可され、自宅での待機ということで無事家に帰ってきました。

私の父も孫の帰国を楽しみにしていて先週末に盛大な歓迎会を計画しましたが、不要不急の外出自粛、父も超高齢ゆえ残念ながら延期しました。

 普段から旅行やドライブなど、のんびり過ごすことをあまり知らない生活でしたし、これまでコロナを対岸の火事くらいにしか感じていなかった私には、いきなり予定に穴が空いて思案に暮れました。

「そうだ、いっそ外出自粛だ! 自宅待機の予行演習しよう。」

買い物も行かず、家にあるもので食事の準備をしてみました。普段出来なかったことや、やりたかったことにも挑戦してみました。

冷凍冷蔵庫の中、食器棚のストッカーには意外と食材があるものですね。

回鍋肉も難なく作れました。クリームシチューもマッシュルームなしで完成です。

コンロ前のキッチンボードもシンクも新品のようにきれいになりました。

ベランダで異音を発していたエアコンの室外機も今は静かに回転しています。

 

そして余った時間にはのんびりしてみました。

そうすると美術館や動物園、お花見など、通常はリアルの場で体験するレジャーがオンラインで楽しめるサイトを見つけました。

 オンライン美術館「HASARD」は、ネット上でアート鑑賞を楽しむことができます。ゴッホなど世界的な画家や現代の作家、一般の人の作品を集めた展示をしていました。

また現地に行けなくても、花見スポットや川沿いに設置されたライブカメラなどで桜や開花の様子も確認できました。もちろん実際のお花見よりも見劣りはしますが、雰囲気だけでも味わいたいという人は試してみるのも手です。

今、いちばん準備しておくべきものは何よりも『平常心』。

パニックにならない心だと思います。大切な家族を守るために。

  161.jpg 159.jpg 162.jpg

 人の少ない早朝、行ってみました。やっぱり良いですよね。リアルお花見#

 【山崎川四季の道 2020.3.28撮影】

タグ:none