4月
17

働き方改革!?

posted by 福岡支店熱血営業マン:檜田翔

コロナの影響によって、テレワークに移行した企業は数多くあると思います。
オフィスに加え、住居系不動産市場にも変化が訪れてくるのではないでしょうか?

結論:
地元で家を建て、テレワークメイン週一回出勤、空いた時間に副業やボランティア

こういった人生設計も多くなるのでは?と考えています。

実際にテレワークを行ってみた結果
〇業務は通常通り回る。
〇取引先もWEBカメラなどの対応が出来ている。
〇満員電車に乗らなくてもいい。
〇社内打ち合わせや書類・提出物等の事務作業などは、週一回の出勤にて事足りる。

わざわざ都内に何千万とかけて、住居を購入する必要は無いのでは?
慣れ親しんだ地元などで、金額を抑え住宅購入を行う。このような方も出てくるのではないでしょうか。

副業について

日本は超高齢化少子化社会です。これからは副業もオーソドックスになる時代が近づいています。
d4f5d4s4f5
内閣府の発表データによると、「2110年には日本将来人口4,286万人」になると推計しています。
こうなると、1人1企業では社会・企業が回らなくなるでしょう。
大手企業はもちろん、中小企業でも人材不足はますます深刻化していきます。
企業は、優秀な人材は「副業でもいいから働いてほしい」という時代が近づいているのかもしれません。
実際、「本業に支障が得ない程度の副業」の許可している大手企業は少なくありません。
むしろ、副業での経験・人脈を生かしてもらう相乗効果を期待しています。

超高齢化によって、自身の両親の面倒も見る必要もあるでしょう。
テレワークによって、身近で面倒を見れる状況になることでしょう。
※他に両親を見てくれる人がいれば問題ないのでしょうが、、、

また、今までは時間が無くてボランティア活動の出来なかった人は、参加する絶好の機会となるでしょう。

働き方改革について

そもそも、「働き方改革」が実行された背景は、深刻な労働力不足です。
d4d8548fd48

〇テレワークにて、労働生産性の向上。
〇副業にて、働き手を増やす。
〇本業・副業にて世帯収入は増加、経済的余裕が持てるようになり出生率の上昇

これが今回のコロナ騒動によって、強制的の社会変化を求められているのかもしれません。

これぞまさに働き方改革!?

コロナ騒動が落ち着いた時の情勢は、どのようになるのか。
日々アンテナを張っていきたいですね。

タグ:none

Comments are closed.