3月
4

女性の社会進出

posted by 福岡支店熱血営業マン:檜田翔

  • 中国のネット通販最大手のアリババグループは、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、日本に100万枚のマスクを寄付することを明らかにした。マスクは3日に日本に届く予定で、民間団体を通じて医療機関などに配布される予定だという。

素直にすごいですね。母国ではない日本に寄付されるとのこと。嬉しいですが、中国はマスク足りてるんですかね?笑

ジャック・マー会長は、合わせて日本にこのようなことを発表しておりました。

「男性は全体を見て、女性は細部を見る。父を欺くのは簡単だが、母はそうはいかない。

おそらく、物事を完成させることは男性の得意分野だが、より上手に処理するのは女性だろう。ただし、一番いい形で完成させたいなら、男女が一緒にやるべきだ」

アリババのジャック・マー会長

男女の違いについて、細かく述べられていて感心しました。私は「女性が男性よりも優れている!」ということは特段思っていないです。男性も女性もそれぞれの役割があり、お互いが補完しあう関係であると考えているからです。どちらが優れているかより、どちらも優れているということです。

  • これからの社会には、女性の社会進出が動くのではないでしょうか?

現在、日本は超少子化高齢化人口減少社会です。特に若年層と高齢層の人口比率の差が、深刻な問題です。

なんと、年間68万人の労働人口が、毎年日本から消失しております。これは2年半で大阪市の人口が居なくなる計算です。

これでは人手不足は起こり、コンビニ店員さんがみんな外国人留学生になってしまうのも納得です。

日本は男性が管理職に就くケースが大半です。重役会議などをイメージしてみると、そこに女性の影はほとんどありません。

しかし人手不足の影響により、管理職も女性が増えていくかと思っています。

  • 現実に、女性の社会進出はまだまだ難しそうですね。

人によっては、「女のくせに・・・」と思っている男性もいるでしょう。

年下の女性が上司になった場合、人によっては変なプライドが働き、話を聞かない人もいるでしょう。

実際、上司が年下男性なのが気に食わないとおっしゃられる人はいましたから。

「言うは易く行うは難し」

仕事に、子育てに、家事に、夫の晩食のお供と、女性はやることが多いですね。世の女性の皆様には感服いたします。いつもありがとうございます。

タグ:none

Comments are closed.