11月
29

トイレットペーパーの三角折りとノロウィルス

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

公共のトイレを使うとき、トイレットペーパーが三角に折られていることがあります。

e8ce18151d91ea9ddf3ae83450be39d5_s.jpg

用を足したあと、マナーと思って同じように三角折りにしていませんか?

実はコレ、

マナー違反です。

そもそも考えてみると、その三角折り、どのタイミングでやっているかっていう話。

トイレ内に洗面台があり、手洗いを済ませたあとで

行うのなら、わからなくもないですが、

ほとんどの公共トイレは個室を出たあとに手洗い場がありますよね。

…ということは、、、、

この三角折り、実は『清掃が終わったサイン』です。

清掃員やそのトイレの管理者の手で行われたものであればOK。

親切心で中途半端にやられると、清掃員にとっても迷惑な話ということです。

清掃が終わりましたという意味合いなのに、トイレが汚れているとクレームの要因になるのだとか。

.

マナーの問題ではなく衛生面でも問題ありです。

.

衛生面と言えば、トイレを出るとき、トイレのフタは閉めます。

というより、フタを閉めてから流します。

特にインフルエンザが流行り出す時期はフタを開けたまま水を流すと

水滴が便器外に飛び出し、ウィルスが飛沫する原因となります。

用を足したらフタを閉めて流すようにしましょう。

今年もインフルを患うことなく冬を過ごしたいものです。

ではよい週末をお過ごしくださいませ。

have a nice weekend!

タグ:none

Comments are closed.