11月
14

女流剣士になれ!

posted by 熱血ドライバー:中野 克彦

『 国友、3度目の決勝で初の頂点 剣道全日本選手権!! 』

先週初め、こんな記事が目にとまりました。

ラグビー熱で日本は盛り上がり、プレミア12も始まっているので、これまでの私ならきっとスルーしていた記事だったと思います。

実は今春から、ある女子高生を追っかけています。

勘違いしないでくださいね。

彼女は7才から剣道を志し、現在は県内有数の剣道部を誇る私立高校の生徒です。

団体戦では副将を任され、劣勢を跳ね返して大将に繋げ、チームを勝利に結びつける姿に魅了されました。今では大きな大会はもちろん、練成会(練習試合)にも時間の許す限り、応援に駆けつけています。

1573604218564.jpg

私自身、剣道は高校の体育の授業でかじった程度でしたので、最初の頃は、審判員の「一本!!」の声を聞いても、「えっ、どこ? 面? 小手?」という有様でした。

周りの父兄たちに聞こうにも段位をもった警察関係者や教師ばかりなので、とても畏れ多くて会話すらできない状況でした。

でもこの半年間で剣道について様々なことを学びました。

父兄とも交流ができ、私が剣道経験者ではないことが幸いしたのか、丁寧にに教えてくれます。

空手を究めた会社の上司からも、「道」に通ずるのは同じ、と有意義な話も聞かせてもらっています。

気が付けば、すっかり明鏡止水の心境に共鳴し、気剣体一致の打突が少しは見定められるほど、自らも剣道に一生懸命になっていました。

最後に自慢話になりますが、

9月29~30日に茨城県で国体が開催されました。この茨城国体 剣道高校女子の部に東海4県を勝ち抜いた愛知県が13年ぶりに東海ブロック代表として出場しました。

彼女はこの代表5人に選抜され、愛知県はみごと全国5位入賞という成績をあげました。

『頑張れ、将来の女流剣士!』

タグ:none

Comments are closed.