9月
6

発想の転換

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

友人にあるクイズを出され、その解答になるほど!と思ったので、シェアします。

これは、先入観を打ち破り、新しい発想をしたことによって成功した事例です。

では、いきましょう。

Q:

ある宝石屋さんで、最高の素材を使って、最高の職人が手掛けた宝石を赤字ギリギリの価格で販売していました。

店のオーナーも職人も最高の出来に、これは間違いなく売れるに違いないと確信しておりました。

ところが、1ヶ月経っても、3ヶ月経っても一向に売れません。

店に来たお客さまは、素敵な宝石とは言ってくれますが、購入までには至りません。

そこで、ヤケになったオーナーはこの宝石を売るためにあることを実行しました。

すると、どうでしょう?

あんなに売れなかった宝石が飛ぶように売れていきました。

さて、オーナーが実行したあることとは?

しばし、真剣に考えてみてください。

それでは解答です。

正解は、

「大幅に値上げした」

です。

普通に考えると、値上げをするなんてますます売れなくなるように思いますが、そうではありません。

価値の問題です。

宝石のようなものは、単純に質がよいというだけではなく、「値段が高いこと」に意味をなすケースがあります。

シャネルやヴィトンなどの世界的ブランドをみてもわかるように、値段が高いことに価値を感じる商品もあります。

安い商品は品質が悪い、高い商品は良いというイメージがあなたの中にもありませんか?

その心理をついた作戦です。

この方法は、特に自尊心の高い方にとても効果を発揮したようです。

これは実際にあった話で、ちょっとしたオチがあります。

後日談として、オーナーはヤケになって

「値段を1/2にして売れ」とメモで指示をしたのですが、

あまりに汚い字だったので、店員が解読できず

2倍にしておけ!と勘違いして値札をつけたところ

飛ぶように売れたということでした。

勘違いから生まれた偶然の成功。

結果オーライとなったわけですが、

発想の転換はとても重要だということにも気づかされました。

あなたの答えは正解でしたか?

では、よい週末を!

have a nice weekend!

タグ:none

Comments are closed.