8月
6

昔からの疑問・・・。

posted by 熱血営業マン:森 拡行

先日小牧の一本中に入った小道でスピード違反で捕まっている人を見かけました。

 147.jpg

最近は踏み間違いによる事故を防ぐために、急発進防止の車が発売されて

高齢者の買替えが多いとニュースで流れておりましたが、

なぜ、スピードの出しすぎによる事故や違反が多いのに、

120キロや130キロ出る車を製造して販売しているのか昔から疑問です。

85858.jpg

 現時点での日本の道路の制限速度は一般道で 60キロ、高速道路で100キロ(一部除外)なので

100キロ以上の車を作る必要がないが無いと思う。

一部では

1.危険回避の為にスピードを出す時の為

2.急な上り坂でもスピードが出るように

3.重量が重い場合でもスピードが出るように

4.法定速度ギリギリで走る時に車への負担を小さくするため

etc・・・。

 

分からないでもないが、もっとスピードを出ないように車側の工夫や、

80キロ以上出ない車は減税や価格が安い等 

8747444.jpg

解決策はあるんじゃないだろうか?

 

ふと、小学生のころ、親と温泉旅行に行っているときにスピード違反で捕まった親父が

トヨタ自動車が悪いと警察に絡んでいた苦い記憶を思い出した ので

8888888888888888.jpg

 

書いてみました。 

 

今年も昨年以上の猛暑が予想されております。

お値打ちな物件に入られていても空調が古いと空調費や仕事の効率が下がり、

残業代等がかさみ、トータル的に築浅の物件に移転した方がお値打ちの場合はあります。

そんな疑問を持ちましたら是非ビルプランナーまでお声がけを。

 

タグ:none

Comments are closed.