7月
19

ブレインダンプで潜在意識からアイデアを引き出す

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

突然ですが、ブレインダンプをご存知ですか?

ブレインダンプ(brain dump)とは、

・ブレイン(脳)

・ダンプ(吐き出す)

つまり自分の脳にあるものをすべて吐き出す作業をすることを言います。

mechanical-2033446_960_720.jpg

具体的にどういう風に行うかといえば、

紙と鉛筆を用意し、時間を決めて、頭にあることをすべて書き出していきます。

パソコンのメモ帳やワードに入力してもいいのですが、

手書きのほうが、手を動かすことで脳の働きと直結するので効果的です。

そのときにテーマを決めます。

たとえば

・やりたいこと

・やるべきこと

・やりたくないこと

・なりたい自分

***

お店や会社を経営しているならお店の強みやアピールポイントなど

頭にあることをすべて書き出していきます。

例えば飲食店なら

・野菜のドレッシングがオリジナルでおいしい

・個室が5つある

・深夜24時まで営業している

・料理が50種類ある…などなど。

色分けした付箋に書いていってもいいですね。

書き出すのは最低100~300くらいです。

ところがこれが結構、きつい。

例えば皮膚科のお医者さんに皮膚について書いてくださいと言っても

ブレインダンプを行ったことがない方は10~20くらいしか出ないと言います。

これは普段からアウトプット能力を使い切れていないから。

***

ブレインダンプを行うメリットは、

頭にあることを書き出すことによって頭の中を整理できること。

脳がぐちゃぐちゃな状態ではなく、吐き出すことによって整理ができ、

新たな情報を取り込みやすくなり、潜在意識からアイデアも引き出されます。

***

これは企業の会議でも取り入れられており、

各個人がブレインダンプをしたことを共有し、盲点だったところ

新たな着眼点が見つけられるというメリットがあります。

***

デメリットを言うなら、ブレインダンプを行ったあとは、脳がかなり疲労します。

頭にあることをこれでもか!というくらい絞り出していく作業は思いのほか疲れるものです。

もうこれ以上でない!とギブアップするまでの量をとにかく書き出していく。

しかし出し切ったあとは、疲労感とともに、スッキリした感覚を味わうことができます。

***

頭をクリアにすることは効率的な思考のフローに役に立ち、新しいインプットもスムーズになります。

実は、ブレインダンプをやった人とやらない人とでは年収に18倍の差がつくのだとか?

思考の全体図が見えてきて、重要な部分や目的となるものがハッキリするプレインダンプを取り入れて新たな躍進をしてみましょう。

では、よい週末を!

have a nice weekend!

タグ:none

Comments are closed.