4月
19

東大入学式の祝辞にぐっと来た件

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。先日誕生日を迎え半世紀以上生きている久保田です。

詳しい年齢は思い出せません…(笑)

4/12(金)に東大の入学式行われ、その中の来賓の東京大学名誉教授の

上野千鶴子氏の祝辞に思わずぐっと来ました。

私が口で説明するよりもご本人の弁を引用します。

”あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、

がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、

あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
.
あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、

これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、

背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、

がんばろうにもがんばれないひと、

がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。

がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」と

がんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、

恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、

そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。”

全文を読みたい方は、平成31年東京大学学部入学式祝辞を読んでみてください。

各方面で物議をかもしているようですが、

後半部分はとても共鳴できる部分があり、

私自身もそう思いつつも敢えて言葉にしなかった部分を

ズバッと指摘し、そこからどうあって欲しいかを述べているあたり

流石だなぁ…と思います。

東大生のみならず

頑張っている人たちに向けて、

また恵まれた環境にいて有頂天になっている方々へ上からではなく

冷静な目をもって自分自身を見つめなおすいいきっかけになる言葉ですね。

それでは、よい週末をお過ごしください。

Have a nice weekend!

タグ:none

Comments are closed.