2月
1

小2算数「8×7+17=73」は間違い?

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

とある小学校の算数の宿題で、8×756+17=73、

答え73と書いた児童のプリントの8×7(56)の記載の下に

「なにこれ?」と教師が赤ペンで書いた答案用紙が物議をかもしています。

8×7+17=73

これ、間違いなのでしょうか?

実はコレ、小2というのが争点。

正解は、(8+8+8+8+8+8+8)+17

小2ではまだ掛け算をならっていないため8×7に、「なにこれ?」というコメントを付したようです。

でも「なにこれ?」ではなく、

教えていないのに偉いね

と書くべきではないでしょうか?

合っているのに不正解とされた児童は

この先、どのように答えを導いていいのか混乱すると思うのですが…。

もしかしたら算数の意欲がなくなるかもしれません。

最近では塾に通っていない生徒のほうが少ない風潮になってきています。

当然ながら授業より先に進んで知識を得ている児童も大勢いるでしょう。

また、そうでない子もいることは然り。

誰もが納得できる授業展開をしていくことが教師のスキルでは?

これは私たちの仕事においても言えることですね。

業務においてはやたらと専門用語を並べ立てて話す方がいますが、

聞き手が理解しているかどうかまで分かって話しているのか?と思うことがあります。

難しい専門用語を言ったあとに、その言葉の意味をわかりやすく伝えつつ、

会話する人こそ、本当にスキルがある人だと思うのですが…。

あなたはどう思いますか?

タグ:none

Comments are closed.