10月
5

スマホ老眼

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

すっかり秋めいてきましたね。

秋と言えば、食欲の秋、スポーツの秋…

それに加えて読書の秋!

読書と言えば、最近本を読むのが苦痛になってきました。

理由は

Roug〇n

それを意識しだしたのが、40代半ばから。

もともと視力が悪い私は若いころからずっとコンタクト生活。

R…になると、近くが見えないと言いますが、

私の場合、コンタクトを外し裸眼になるとばっちり近くが見え、

裸眼だと遠くが見えないので

どっちに優先順位を置くかということが争点。

どっちもかなえたいと遠近両用コンタクトを試すも、

どの商品も帯に短したすきに長し。

眼鏡にしてみたり、コンタクトの銘柄を替えたりと

トライ&エラーをくり返しております。

そんな中、

目に悩みを持っているのは私たちアラフォーアラフィフ世代だけではなく、

若い世代も

「スマホ老眼」が急増している模様。

スマホを長時間使用することで、目のピントが合いにくくなっているようです。

スマホの場合、パソコンと違い至近距離で見続けることになり、これがよろしくないようです。

これによる弊害は目だけにとどまらず、肩こりなどの症状がでることも。

この対策として、

①チラ見エクササイズ

1時間に1~2回、

窓の外の看板など遠くの文字がギリギリ読めるものを目標とし、これを見る。

それによって毛様体筋がリラックスする。

②スマホとの距離を離す

スマホを見るときは目から30~40cm離してみるようにする。

そのとき眺める方向は目が少し下を向くくらいの約30度以下の角度が疲れにくい。

③お風呂でホットアイマスク

入浴時に目の周りをタオルパックすることで、

油を分泌して涙が蒸発するのを防ぐマイボーム腺の働きを正常にする。

この3点を気を付けて、大切な目をいたわってあげましょう。

タグ:none

Comments are closed.