6月
29

パラダイムを変えてみる

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

ものの見方のことを「パラダイム」と言います。人は見え方によって感じることも違います。

事務職なので1日の大半をデスクで過ごすのですが、少し時間が空いたときは思い切って外にでて、チラシ配布など普段と違うことを試みています。

すると、どうでしょう。

普段自分が見ている視点が変わることに気づきます。

.

先日、電車に乗っていたときのこと。

その車両にまだ3歳くらいの男の子と父親が座っており、男の子が泣き叫んでいました。

それも電車中に響き渡る声で泣いているのです。

ところが隣にいた父親は「静かにしなさい」と言うわけでもなく、あやすこともしていません。

さすがにそれはないでしょ…と、私の隣にいた方が

「すみません。少しうるさくないですか?」とその父親に話しかけたところ、

父親は、

「あ、すみません…。すぐに静かにさせます。」と、か細い声で言いました。

注意をした方が

「何かあったんですか?」と問いかけたところ、

父親は、

「実は…、母親がついさっき亡くなったんです。」

この瞬間、周りにいた私たちのパラダイムが大きく変わりました。

見方が変わると、すべてが変わる。

事情を何も知らなければ、ただのうるさい子どもで、それを注意することもしないダメな父親。

でも、事情を聞けば母親思いの優しい子どもとそれを察している父親。

.

見方の違いと言うのは、人に大きな変化を与えます。

これは仕事においても同じことが言えると思います。

今までと同じ視点では、同じ思考しかできません。

同じ思考しかできなければ、同じ行動しかできない。

同じ行動しかできなければ、同じ結果しかでません。

だからこそ、普段慣れている業務ではなく、違う仕事をしてみるのです。

手っ取り早くは、今の席から場所を変えて仕事をしてみる。

それだけでも見渡す景色が違い、違った視点でものを見ることができます。

本当はあえて1週間くらい海外などバケーションに行くのもありなんですよね。

要は視点を変える努力をしてみる。

そうすれば、今まで気づかなかったことが見えてくるかもしれません。

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg 

タグ:none

Comments are closed.