2月
2

恵方巻きの方角の調べかたわかりますか?

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

明日は節分ですね。皆さんは恵方巻きを食べますか?

実を言うと私が子どものころは恵方巻きを食べる習慣はありませんでした。

地域性によるものかもしれませんが、いつごろからか節分には恵方巻きを食べる

というのが定例になってきました。

調べてみると、なるほど…。

約18年前に、大阪では節分に太巻きを食べる習慣があると言うことに着目した

セブンイレブンが全国の店舗で販売したことに火がつき、全国に急速に広まったとのことでした。

どうりで福岡では食べてなかったわけだ…。なんか企業の戦略にまんまと乗らされた感あり…。

それはさておき今年の恵方巻きの食べる方向は

「南南東やや南」です。

この方角、適当に決められているわけではありません。

ちなみに恵方の方角とは何ぞや?

ずばり歳徳神(としとくじん)さまがいらっしゃる方向です。そして歳徳神さま、毎年お動きになられます。

つまり毎年、今年はどの位置か調べないといけないわけです。

しかし今回毎年悩まなくていい方角の見方をお教えしちゃいます。

まずは方位から

128726ehou.jpg

これは方位磁針です。方角を細かくわけるとこのようになります。

そして恵方はピンクで囲んだ「北北西」「東北東」「南南東」「西南西」のみと決まっております。

毎年この方向のいづれかになるわけです。

次に十干(じっかん)をみます。

十干とはなんぞや?

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素からなる集合とだけ軽く説明しておきます。

田舎などはこの十干が住所になっていたりしますね。

そしてこの十干には決まられた数字と方角があります。

①辛(かのと)…南南東やや南…165度

②壬(みずのえ)…北北西やや北…345度

③癸(みずのと)…南南東やや南…165度

④甲(きのえ)…東北東やや東…75度

⑤乙(きのと)…西南西やや西…255度

⑥丙(ひのえ)…南南東やや南…165度

⑦丁(ひのと)…北北西やや北…345度

⑧戊(つちのえ)…南南東やや南…165度

⑨己(つちのと)…東北東やや東…75度

⑩庚(かのえ)…西南西やや西…255度

次に私たちに馴染みのある西暦。西暦の末尾の数字を見ます。

今年は2018年なので⑧をみると、戊(つちのえ)になっています。横をみると「南南東やや南」となっています。

これが今年の「恵方」です。

来年は⑨を見て己…東北東やや東というのがわかりますね。

この恵方、なにも恵方巻きを食べるだけの方角ではありません。

自宅からみて恵方の方角にある神社に初詣にいくといいとされ、

引っ越しの予定があるなら恵方の方向に借りるといいと言われ、

要するに今年1年いちばんいい方向が「恵方」なのです。

これから事務所を借りる方、今年は現在いるところからみて「南南東やや南」の方角が縁起がいいとされています。

ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none

Comments are closed.