7月
28

名古屋は商売上手、秘訣は「売ろうとしないこと」

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店久保田です。

名古屋では独特のサービスがあり、私たち九州人からすれば

感動することも多々あります。

その代表的なものに、モーニングのサービス。

コーヒー代だけで、トーストとエッグがついてくる、または喫茶店では

コーヒーを頼むとピーナッツがついてくる

こんなものは他県にはないわけで、

ある種、感動を通り越して賞賛してしまいます。

そんな名古屋は商売上手な街でも評判のようで、その真髄は、

「売ろうとする情報(もの)」は不要、

いかに「有益な情報(もの)」を提供できるかに尽きる気がします。

.

名古屋には美味しい食べ物がたくさんあり、代表的なものに

ひつまぶしがありますが、

流行っているお店は多少高くてもお客さまが集まってきます。

その店主の話によると、

「美味しかったら、必ず人から人に伝わります。」

そこなんです。

「売ろう」とするのではなく、

その人にとってその情報(もの)が有益かどうか

有益なものであればおのずと人は集まってきます。

ポイントはいかにその有益なものを感じ取るかどうか。

無造作にポスティングをするのは効率が悪い。

そうではなく欲しいと潜在的に思っている人に対して

その情報をいかに提供できるかが争点。

それはやたらめったらに情報を拡散するのではなく、

個別的なアプローチをかけていくことが得策となってくるのです。

つまりは、欲しいと思っている人にさりげなく欲しいと思うものを提供してあげる。

ついてはそこにプロのアドバイスなども加えればなおいい。

しかしその嗅覚を身につけなければどうしようもないわけで、

これは日々の行動で培われていくものだと思います。

そして名古屋の方が商売上手といわれる所以はそこに「人」を大事にするからです。

一見さんを警戒するが、一度仲良くなればそのままずっと大事にしてくれるというのが名古屋の気質。

「入口は狭いが、奥行きが深い」

つまりはリピートユーザーへのアプローチやフォローが自然にできている。

そんな名古屋流ビジネスを取り入れていくことで収益を好転させることができるのでは?と考える今日この頃…。

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none

Comments are closed.