6月
30

「桐龍座恋川劇団」by博多新劇座

posted by 福岡支店熱血アシスタント:久保田 ひとみ

おはようございます。福岡支店の久保田です。

わたくし、アラフィフにしてはじめて劇団の芝居を見に行って参りました。

わが社福岡支店から徒歩5分のところにある博多新劇座は

客席165席、桟敷(さじき)席は35席のこじんまりとした劇場です。

友人がかねてからファンという「荒川劇団」。世襲されており団長は二代目の次男、荒川純さん。

芝居とステージの2部構成で成り、ショーでは、

贔屓の役者さんがステージに立って踊っている最中に1万円札数枚をキラキラ光るゴージャスなヘアクリップにはさんで踊る役者さんの胸元にはさんでいる有閑マダムの姿が…。

団長の荒川純さんはじめ、団員さんかなりのイケメン。

行ったことないけどまるでホストクラブのよう…(笑)

知識のない私は、これはどういったものなのかよく理解できてなく歌舞伎とは違うのか?

という疑問が…。

どうも「大衆演劇」というジャンルになるようで、劇団員は旅役者と呼ばれ、

楽屋を我が家として全国各地をまわっている模様。

友人たちが「早乙女太一」も劇団からビートたけしに役者として目をつけられ

抜擢された人よね…と話すのを聞いて、

ふんふんと頷いていながら「早乙女太一」を知らなかった。

帰宅してググろうと、名前なんだっけ?確か太一…。

検索すると「国分太一」がヒットし、顔を見たら……

「?・?・?」

この人、劇団員?

違う、ジャニーズやん!

久しぶりに妖艶な世界を堪能した一日でした。

dsc_1261.JPG

dsc_2050.JPG

dsc_2166.JPG

*********************************

火災保険見直しませんか?

2年12,820円~様々なプランをご用意しております!

11.jpg

タグ:none

Comments are closed.